必要な印鑑

社団法人を設立する時に必要となる印鑑とは

日本はよく印鑑社会と言われるくらいどんな場面でも必要となります。社会人になったら、個人印だけでなく実印が必要になりますし、契約の際にはそれらの印鑑が大きな効力を持ちます。自筆のサインも大切ですが、それ以上に大切になってくるのです。
 社団法人を設立する時に必要となるのが商号・定款ですが、その他に重要なものが印鑑になります。

 社団法人を設立時には届出義務があるため、代表者印(法人実印)を作成しなければなりません。これ以外の印(会社印や社印など)は、作るか作らないかは会社の自由判断となっているのです。それでも、これ以外の印を作成している会社が多い理由としては一番にリスクの軽減ということがあります。もし代表者印ひとつで銀行印や会社印を兼ねていますと、それだけリスクを抱えてしまうことが多くなってしまうのです(言い換えると、代表者印の不正な利用により、会社に多大な損害が生じる恐れがあるとのことです)。
 そのため、社団法人の設立時には、たいてい次の4種類を作成します

 一つ目は代表者印(法人実印)です。管轄する法務局に登記を申請する時に登録する印鑑になります。特にサイズの規定はないのですが、使用しやすさや判別のしやすさから18mmの丸印が多くなっています。
 二つ目は会社印です。銀行に社団法人名義の口座を開設する時に使ったり、手形や小切手を振り出す時に使用します。これも決まりはないのですが、代表者印と区別しやすいように、代表者印よりも小さい13.5~16.5mmくらいの丸印が多くなっています。
 三つ目は社印(角印)です。領収書や見積書など代表者印を押すほど重要ではない書類に使用します。会社の証明として使用するもので、角形になっていますので角印とも言われます。

 四つ目はゴム印です。契約書などの署名欄に字筒でサインする代わりに使えるものです。社団法人の所在地や電話番号やFAX番号などが書かれています。
 これらに使われる書体は篆書体が多くなっています。篆書体が多く使われる理由としては偽造がしにくいことと可読性が低いことが挙げられます。篆書体は日本銀行券にも使われています。次に多いのは印相体です。篆書体よりも偽造がしにくいことと、八方に広がる開運印相と言われています。

 素材としては、本柘と黒水牛が多くなっています。本柘は繊維が緻密であり緻密な彫刻が行いやすいのです。一方、黒水牛は硬度もあり耐久性があるため、長期間の使用が可能となっているのです。
 社団法人を設立する時にはこのように印鑑のことも考えておき、適切なものが使えるようにしておきましょう。”

Copyright(c) 2016 社団法人設立に必要な印鑑証明をパターン別に説明 All Rights Reserved.